万葉集2502番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2502番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2502番について

歌番号

2502番

原文

真鏡|手取以|朝々|雖見君|飽事無

訓読

まそ鏡手に取り持ちて朝な朝な見れども君は飽くこともなし

かな読み

まそかがみ|てにとりもちて|あさなさな|みれどもきみは|あくこともなし

カタカナ読み

マソカガミ|テニトリモチテ|アサナサナ|ミレドモキミハ|アクコトモナシ

ローマ字読み|大文字

MASOKAGAMI|TENITORIMOCHITE|ASANASANA|MIREDOMOKIMIHA|AKUKOTOMONASHI

ローマ字読み|小文字

masokagami|tenitorimochite|asanasana|miredomokimiha|akukotomonashi

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

まそかがみ,[寛]まそかかみ,
てにとりもちて[寛],
あさなさな[寛],
みれどもきみは,[寛]みれともきみを,
あくこともなし[寛],

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました