万葉集2782番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2782番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2782番について

歌番号

2782番

原文

左寐蟹齒|孰共毛宿常|奥藻之|名延之君之|言待吾乎

訓読

さ寝がには誰れとも寝めど沖つ藻の靡きし君が言待つ我れを

かな読み

さぬがには|たれともぬめど|おきつもの|なびきしきみが|ことまつわれを

カタカナ読み

サヌガニハ|タレトモヌメド|オキツモノ|ナビキシキミガ|コトマツワレヲ

ローマ字読み|大文字

SANUGANIHA|TARETOMONUMEDO|OKITSUMONO|NABIKISHIKIMIGA|KOTOMATSUWAREO

ローマ字読み|小文字

sanuganiha|taretomonumedo|okitsumono|nabikishikimiga|kotomatsuwareo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|女歌

校異

特に無し

寛永版本

さぬがには,[寛]さねかには,
たれともぬめど,[寛]たれともぬれと,
おきつもの[寛],
なびきしきみが,[寛]なひきしきみか,
ことまつわれを[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました