万葉集2520番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2520番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2520番について

歌番号

2520番

原文

苅薦能|一重S敷而|紗眠友|君共宿者|冷雲梨

訓読

刈り薦の一重を敷きてさ寝れども君とし寝れば寒けくもなし

かな読み

かりこもの|ひとへをしきて|さぬれども|きみとしぬれば|さむけくもなし

カタカナ読み

カリコモノ|ヒトヘヲシキテ|サヌレドモ|キミトシヌレバ|サムケクモナシ

ローマ字読み|大文字

KARIKOMONO|HITOHEOSHIKITE|SANUREDOMO|KIMITOSHINUREBA|SAMUKEKUMONASHI

ローマ字読み|小文字

karikomono|hitoheoshikite|sanuredomo|kimitoshinureba|samukekumonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|共寝

校異

特に無し

寛永版本

かりこもの[寛],
ひとへをしきて[寛],
さぬれども,[寛]さぬれとも,
きみとしぬれば,[寛]きみとしぬれは,
さむけくもなし,[寛]ひやけくもなし,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました