万葉集2384番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2384番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2384番について

歌番号

2384番

原文

我勢古波|幸座|遍来|我告来|人来鴨

訓読

我が背子は幸くいますと帰り来と我れに告げ来む人も来ぬかも

かな読み

わがせこは|さきくいますと|かへりくと|あれにつげこむ|ひともこぬかも

カタカナ読み

ワガセコハ|サキクイマスト|カヘリクト|アレニツゲコム|ヒトモコヌカモ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOHA|SAKIKUIMASUTO|KAHERIKUTO|ARENITSUGEKOMU|HITOMOKONUKAMO

ローマ字読み|小文字

wagasekoha|sakikuimasuto|kaherikuto|arenitsugekomu|hitomokonukamo

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

わがせこは,[寛]わかせこは,
さきくいますと[寛],
かへりくと,[寛]かへりきて,
あれにつげこむ,[寛]われにつけこむ,
ひともこぬかも,[寛]ひとのくるかも,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました