万葉集2466番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2466番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2466番について

歌番号

2466番

原文

朝茅原|小野印|<空>事|何在云|公待

訓読

浅茅原小野に標結ふ空言をいかなりと言ひて君をし待たむ

かな読み

あさぢはら|をのにしめゆふ|むなことを|いかなりといひて|きみをしまたむ

カタカナ読み

アサヂハラ|ヲノニシメユフ|ムナコトヲ|イカナリトイヒテ|キミヲシマタム

ローマ字読み|大文字

ASAJIHARA|ONONISHIMEYUFU|MUNAKOTO|IKANARITOIHITE|KIMIOSHIMATAMU

ローマ字読み|小文字

asajihara|ononishimeyufu|munakoto|ikanaritoihite|kimioshimatamu

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|野遊び|女歌|恋情

校異

室->空【嘉】【文】【類】【紀】

寛永版本

あさぢはら,[寛]あさちはら,
をのにしめゆふ[寛],
むなことを,[寛]そらことを,
いかなりといひて[寛],
きみをしまたむ,[寛]きみをはまたむ,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました