万葉集2609番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2609番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2609番について

歌番号

2609番

原文

白細之|袖者間結奴|我妹子我|家當乎|不止振四二

訓読

白栲の袖はまゆひぬ我妹子が家のあたりをやまず振りしに

かな読み

しろたへの|そではまゆひぬ|わぎもこが|いへのあたりを|やまずふりしに

カタカナ読み

シロタヘノ|ソデハマユヒヌ|ワギモコガ|イヘノアタリヲ|ヤマズフリシニ

ローマ字読み|大文字

SHIROTAHENO|SODEHAMAYUHINU|WAGIMOKOGA|IHENOATARIO|YAMAZUFURISHINI

ローマ字読み|小文字

shirotaheno|sodehamayuhinu|wagimokoga|ihenoatario|yamazufurishini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

しろたへの[寛],
そではまゆひぬ,[寛]そてはまよひぬ,
わぎもこが,[寛]わきもこか,
いへのあたりを,[寛]いへのあふりを,
やまずふりしに,[寛]やますふりしに,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました