万葉集2636番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2636番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2636番について

歌番号

2636番

原文

剱刀|諸刃之於荷|去觸而|所g鴨将死|戀管不有者

訓読

剣大刀諸刃の上に行き触れて死にかもしなむ恋ひつつあらずは

かな読み

つるぎたち|もろはのうへに|ゆきふれて|しにかもしなむ|こひつつあらずは

カタカナ読み

ツルギタチ|モロハノウヘニ|ユキフレテ|シニカモシナム|コヒツツアラズハ

ローマ字読み|大文字

TSURUGITACHI|MOROHANOHENI|YUKIFURETE|SHINIKAMOSHINAMU|KOHITSUTSUARAZUHA

ローマ字読み|小文字

tsurugitachi|morohanoheni|yukifurete|shinikamoshinamu|kohitsutsuarazuha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

つるぎたち,[寛]つるきたち,
もろはのうへに[寛],
ゆきふれて[寛],
しにかもしなむ[寛],
こひつつあらずは,[寛]こひつつあらすは,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました