万葉集2464番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2464番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2464番について

歌番号

2464番

原文

若月|清不見|雲隠|見欲|宇多手比日

訓読

三日月のさやにも見えず雲隠り見まくぞ欲しきうたてこのころ

かな読み

みかづきの|さやにもみえず|くもがくり|みまくぞほしき|うたてこのころ

カタカナ読み

ミカヅキノ|サヤニモミエズ|クモガクリ|ミマクゾホシキ|ウタテコノコロ

ローマ字読み|大文字

MIKAZUKINO|SAYANIMOMIEZU|KUMOGAKURI|MIMAKUZOHOSHIKI|UTATEKONOKORO

ローマ字読み|小文字

mikazukino|sayanimomiezu|kumogakuri|mimakuzohoshiki|utatekonokoro

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情|鬱屈|序詞

校異

特に無し

寛永版本

みかづきの,[寛]みかつきの,
さやにもみえず,[寛]さやかにみえす,
くもがくり,[寛]くもかくれ,
みまくぞほしき,[寛]みまくそほしき,
うたてこのころ,[寛]うたたこのころ,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました