万葉集2719番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2719番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2719番について

歌番号

2719番

原文

隠沼乃|下尓戀者|飽不足|人尓語都|可忌物乎

訓読

隠り沼の下に恋ふれば飽き足らず人に語りつ忌むべきものを

かな読み

こもりぬの|したにこふれば|あきだらず|ひとにかたりつ|いむべきものを

カタカナ読み

コモリヌノ|シタニコフレバ|アキダラズ|ヒトニカタリツ|イムベキモノヲ

ローマ字読み|大文字

KOMORINUNO|SHITANIKOFUREBA|AKIDARAZU|HITONIKATARITSU|IMUBEKIMONO

ローマ字読み|小文字

komorinuno|shitanikofureba|akidarazu|hitonikataritsu|imubekimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|尫柜蹋|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

こもりぬの,[寛]かくれぬの,
したにこふれば,[寛]したにこふれは,
あきだらず,[寛]あきたらす,
ひとにかたりつ[寛],
いむべきものを,[寛]いむへきものを,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました