万葉集2572番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2572番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2572番について

歌番号

2572番

原文

偽毛|似付曽為|何時従鹿|不見人戀尓|人之死為

訓読

偽りも似つきてぞするいつよりか見ぬ人恋ふに人の死せし

かな読み

いつはりも|につきてぞする|いつよりか|みぬひとごひに|ひとのしにせし

カタカナ読み

イツハリモ|ニツキテゾスル|イツヨリカ|ミヌヒトゴヒニ|ヒトノシニセシ

ローマ字読み|大文字

ITSUHARIMO|NITSUKITEZOSURU|ITSUYORIKA|MINUHITOGOHINI|HITONOSHINISESHI

ローマ字読み|小文字

itsuharimo|nitsukitezosuru|itsuyorika|minuhitogohini|hitonoshiniseshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|恨牫

校異

尓(塙)(楓)等

寛永版本

いつはりも[寛],
につきてぞする,[寛]につきてそする,
いつよりか,[寛]いつくにか,
みぬひとごひに,[寛]みぬひとこひに,
ひとのしにせし,[寛]ひとのししする,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました