万葉集2837番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2837番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2837番について

歌番号

2837番

原文

三吉野之|水具麻我菅乎|不編尓|苅耳苅而|将乱跡也

訓読

み吉野の水隈が菅を編まなくに刈りのみ刈りて乱りてむとや

かな読み

みよしのの|みぐまがすげを|あまなくに|かりのみかりて|みだりてむとや

カタカナ読み

ミヨシノノ|ミグマガスゲヲ|アマナクニ|カリノミカリテ|ミダリテムトヤ

ローマ字読み|大文字

MIYOSHINONO|MIGUMAGASUGEO|AMANAKUNI|KARINOMIKARITE|MIDARITEMUTOYA

ローマ字読み|小文字

miyoshinono|migumagasugeo|amanakuni|karinomikarite|midaritemutoya

左注|左註

右四首寄草喩思

事項|分類・ジャンル

地名|奈良県|吉野|植物|恋愛|女歌

校異

特に無し

寛永版本

みよしのの[寛],
みぐまがすげを,[寛]みくまかすけを,
あまなくに[寛],
かりのみかりて[寛],
みだりてむとや,[寛]みたれなむとや,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました