万葉集2830番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2830番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2830番について

歌番号

2830番

原文

梓弓|弓束巻易|中見刺|更雖引|君之随意

訓読

梓弓弓束巻き替へ中見さしさらに引くとも君がまにまに

かな読み

あづさゆみ|ゆづかまきかへ|なかみさし|さらにひくとも|きみがまにまに

カタカナ読み

アヅサユミ|ユヅカマキカヘ|ナカミサシ|サラニヒクトモ|キミガマニマニ

ローマ字読み|大文字

AZUSAYUMI|YUZUKAMAKIKAHE|NAKAMISASHI|SARANIHIKUTOMO|KIMIGAMANIMANI

ローマ字読み|小文字

azusayumi|yuzukamakikahe|nakamisashi|saranihikutomo|kimigamanimani

左注|左註

右一首寄弓喩思

事項|分類・ジャンル

比喩|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,
ゆづかまきかへ,[寛]ゆつかまきかへ,
なかみさし,[寛]あてみては,
さらにひくとも[寛],
きみがまにまに,[寛]きみかまにまに,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました