万葉集2360番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2360番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2360番について

歌番号

2360番

原文

人祖|未通女兒居|守山邊柄|朝々|通公|不来哀

訓読

人の親処女児据ゑて守山辺から朝な朝な通ひし君が来ねば悲しも

かな読み

ひとのおや|をとめこすゑて|もるやまへから|あさなさな|かよひしきみが|こねばかなしも

カタカナ読み

ヒトノオヤ|ヲトメコスヱテ|モルヤマヘカラ|アサナサナ|カヨヒシキミガ|コネバカナシモ

ローマ字読み|大文字

HITONOYA|OTOMEKOSUETE|MORUYAMAHEKARA|ASANASANA|KAYOHISHIKIMIGA|KONEBAKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

hitonoya|otomekosuete|moruyamahekara|asanasana|kayohishikimiga|konebakanashimo

左注|左註

右十二首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情|旋頭歌|序詞

校異

特に無し

寛永版本

ひとのおや,[寛]ひとのおやの,
をとめこすゑて[寛],
もるやまへから[寛],
あさなさな,[寛]あさなあさな,
かよひしきみが,[寛]かよひしきみか,
こねばかなしも,[寛]こぬはかなしも,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました