万葉集2548番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2548番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2548番について

歌番号

2548番

原文

如是谷裳|吾者戀南|玉梓之|君之使乎|待也金手武

訓読

かくだにも我れは恋ひなむ玉梓の君が使を待ちやかねてむ

かな読み

かくだにも|あれはこひなむ|たまづさの|きみがつかひを|まちやかねてむ

カタカナ読み

カクダニモ|アレハコヒナム|タマヅサノ|キミガツカヒヲ|マチヤカネテム

ローマ字読み|大文字

KAKUDANIMO|AREHAKOHINAMU|TAMAZUSANO|KIMIGATSUKAHIO|MACHIYAKANETEMU

ローマ字読み|小文字

kakudanimo|arehakohinamu|tamazusano|kimigatsukahio|machiyakanetemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|枕詞|使者

校異

特に無し

寛永版本

かくだにも,[寛]かくたにも,
あれはこひなむ,[寛]われはこひなむ,
たまづさの,[寛]たまつさの,
きみがつかひを,[寛]きみかつかひを,
まちやかねてむ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました