万葉集2831番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2831番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2831番について

歌番号

2831番

原文

水沙兒居|渚座船之|夕塩乎|将待従者|吾社益

訓読

みさご居る洲に居る舟の夕潮を待つらむよりは我れこそまされ

かな読み

みさごゐる|すにゐるふねの|ゆふしほを|まつらむよりは|われこそまされ

カタカナ読み

ミサゴヰル|スニヰルフネノ|ユフシホヲ|マツラムヨリハ|ワレコソマサレ

ローマ字読み|大文字

MISAGOIRU|SUNIIRUFUNENO|YUFUSHIHO|MATSURAMUYORIHA|WAREKOSOMASARE

ローマ字読み|小文字

misagoiru|suniirufuneno|yufushiho|matsuramuyoriha|warekosomasare

左注|左註

右一首寄船喩思

事項|分類・ジャンル

動物恋情

校異

特に無し

寛永版本

みさごゐる,[寛]みさこゐる,
すにゐるふねの,[寛]すにをるふねの,
ゆふしほを[寛],
まつらむよりは[寛],
われこそまされ,[寛]われこそまさめ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました