万葉集2185番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2185番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2185番について

歌番号

2185番

原文

大坂乎|吾越来者|二上尓|黄葉流|志具礼零乍

訓読

大坂を我が越え来れば二上に黄葉流るしぐれ降りつつ

かな読み

おほさかを|わがこえくれば|ふたかみに|もみちばながる|しぐれふりつつ

カタカナ読み

オホサカヲ|ワガコエクレバ|フタカミニ|モミチバナガル|シグレフリツツ

ローマ字読み|大文字

OHOSAKAO|WAGAKOEKUREBA|FUTAKAMINI|MOMICHIBANAGARU|SHIGUREFURITSUTSU

ローマ字読み|小文字

ohosakao|wagakoekureba|futakamini|momichibanagaru|shigurefuritsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良県|地名|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

おほさかを[寛],
わがこえくれば,[寛]わかこえくれは,
ふたかみに[寛],
もみちばながる,[寛]もみちはなかる,
しぐれふりつつ,[寛]しくれふりつつ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました