万葉集2064番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2064番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2064番について

歌番号

2064番

原文

古|織義之八多乎|此暮|衣縫而|君待吾乎

訓読

いにしへゆ織りてし服をこの夕衣に縫ひて君待つ我れを

かな読み

いにしへゆ|おりてしはたを|このゆふへ|ころもにぬひて|きみまつわれを

カタカナ読み

イニシヘユ|オリテシハタヲ|コノユフヘ|コロモニヌヒテ|キミマツワレヲ

ローマ字読み|大文字

INISHIHEYU|ORITESHIHATAO|KONOYUFUHE|KOROMONINUHITE|KIMIMATSUWAREO

ローマ字読み|小文字

inishiheyu|oriteshihatao|konoyufuhe|koromoninuhite|kimimatsuwareo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

いにしへゆ,[寛]いにしへに,
おりてしはたを[寛],
このゆふへ[寛],
ころもにぬひて[寛],
きみまつわれを[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました