万葉集2244番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2244番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2244番について

歌番号

2244番

原文

住吉之|岸乎田尓墾|蒔稲|乃而及苅|不相公鴨

訓読

住吉の岸を田に墾り蒔きし稲かくて刈るまで逢はぬ君かも

かな読み

すみのえの|きしをたにはり|まきしいね|かくてかるまで|あはぬきみかも

カタカナ読み

スミノエノ|キシヲタニハリ|マキシイネ|カクテカルマデ|アハヌキミカモ

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|KISHIOTANIHARI|MAKISHIINE|KAKUTEKARUMADE|AHANUKIMIKAMO

ローマ字読み|小文字

suminoeno|kishiotanihari|makishiine|kakutekarumade|ahanukimikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|大阪|地名|恋情

校異

特に無し

寛永版本

すみのえの[寛],
きしをたにはり[寛],
まきしいね,[寛]まきしいねの,
かくてかるまで,[寛]しかもかるまち,
あはぬきみかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました