万葉集2011番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2011番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2011番について

歌番号

2011番

原文

天漢|已向立而|戀等尓|事谷将告|攦言及者

訓読

天の川い向ひ立ちて恋しらに言だに告げむ妻と言ふまでは

かな読み

あまのがは|いむかひたちて|こひしらに|ことだにつげむ|つまといふまでは

カタカナ読み

アマノガハ|イムカヒタチテ|コヒシラニ|コトダニツゲム|ツマトイフマデハ

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|IMUKAHITACHITE|KOHISHIRANI|KOTODANITSUGEMU|TSUMATOIFUMADEHA

ローマ字読み|小文字

amanogaha|imukahitachite|kohishirani|kotodanitsugemu|tsumatoifumadeha

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
いむかひたちて,[寛]こむかひたちて,
こひしらに,[寛]こふらくに,
ことだにつげむ,[寛]ことたにつけむ,
つまといふまでは,[寛]つまとふまては,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました