万葉集2207番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2207番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2207番について

歌番号

2207番

原文

吾屋戸之|淺茅色付|吉魚張之|夏身之上尓|四具礼零疑

訓読

我がやどの浅茅色づく吉隠の夏身の上にしぐれ降るらし

かな読み

わがやどの|あさぢいろづく|よなばりの|なつみのうへに|しぐれふるらし

カタカナ読み

ワガヤドノ|アサヂイロヅク|ヨナバリノ|ナツミノウヘニ|シグレフルラシ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONO|ASAJIIROZUKU|YONABARINO|NATSUMINOHENI|SHIGUREFURURASHI

ローマ字読み|小文字

wagayadono|asajiirozuku|yonabarino|natsuminoheni|shigurefururashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良県|桜井市|地名|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

わがやどの,[寛]わかやとの,
あさぢいろづく,[寛]あさちいろつく,
よなばりの,[寛]よなはりの,
なつみのうへに[寛],
しぐれふるらし,[寛]しくれふるらし,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました