万葉集2133番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2133番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2133番について

歌番号

2133番

原文

秋田|吾苅婆可能|過去者|鴈之喧所聞|冬方設而

訓読

秋の田の我が刈りばかの過ぎぬれば雁が音聞こゆ冬かたまけて

かな読み

あきのたの|わがかりばかの|すぎぬれば|かりがねきこゆ|ふゆかたまけて

カタカナ読み

アキノタノ|ワガカリバカノ|スギヌレバ|カリガネキコユ|フユカタマケテ

ローマ字読み|大文字

AKINOTANO|WAGAKARIBAKANO|SUGINUREBA|KARIGANEKIKOYU|FUYUKATAMAKETE

ローマ字読み|小文字

akinotano|wagakaribakano|suginureba|kariganekikoyu|fuyukatamakete

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|季節

校異

特に無し

寛永版本

あきのたの[寛],
わがかりばかの,[寛]わかかりはかの,
すぎぬれば,[寛]すきゆけは,
かりがねきこゆ,[寛]かりかねきこゆ,
ふゆかたまけて[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました