万葉集2062番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2062番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2062番について

歌番号

2062番

原文

機|蹋木持徃而|天<漢>|打橋度|公之来為

訓読

機物のまね木持ち行きて天の川打橋渡す君が来むため

かな読み

はたものの|まねきもちゆきて|あまのがは|うちはしわたす|きみがこむため

カタカナ読み

ハタモノノ|マネキモチユキテ|アマノガハ|ウチハシワタス|キミガコムタメ

ローマ字読み|大文字

HATAMONONO|MANEKIMOCHIYUKITE|AMANOGAHA|UCHIHASHIWATASU|KIMIGAKOMUTAME

ローマ字読み|小文字

hatamonono|manekimochiyukite|amanogaha|uchihashiwatasu|kimigakomutame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

河->漢【元】【類】

寛永版本

はたものの[寛],
まねきもちゆきて,[寛]ふみきもていて,
あまのがは,[寛]あまのかは,
うちはしわたす[寛],
きみがこむため,[寛]きみかこむため,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました