万葉集2231番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2231番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2231番について

歌番号

2231番

原文

芽子花|咲有野邊|日晩之乃|鳴奈流共|秋風吹

訓読

萩の花咲きたる野辺にひぐらしの鳴くなるなへに秋の風吹く

かな読み

はぎのはな|さきたるのへに|ひぐらしの|なくなるなへに|あきのかぜふく

カタカナ読み

ハギノハナ|サキタルノヘニ|ヒグラシノ|ナクナルナヘニ|アキノカゼフク

ローマ字読み|大文字

HAGINOHANA|SAKITARUNOHENI|HIGURASHINO|NAKUNARUNAHENI|AKINOKAZEFUKU

ローマ字読み|小文字

haginohana|sakitarunoheni|higurashino|nakunarunaheni|akinokazefuku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|動物|季節

校異

特に無し

寛永版本

はぎのはな,[寛]はきのはな,
さきたるのへに[寛],
ひぐらしの,[寛]ひくらしの,
なくなるなへに,[寛]なくなるともに,
あきのかぜふく,[寛]あきかせのふく,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました