万葉集2331番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2331番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2331番について

歌番号

2331番

原文

八田乃野之|淺茅色付|有乳山|峯之沫雪|<寒>零良之

訓読

八田の野の浅茅色づく有乳山嶺の沫雪寒く降るらし

かな読み

やたののの|あさぢいろづく|あらちやま|みねのあわゆき|さむくふるらし

カタカナ読み

ヤタノノノ|アサヂイロヅク|アラチヤマ|ミネノアワユキ|サムクフルラシ

ローマ字読み|大文字

YATANONONO|ASAJIIROZUKU|ARACHIYAMA|MINENOAWAYUKI|SAMUKUFURURASHI

ローマ字読み|小文字

yatanonono|asajiirozuku|arachiyama|minenoawayuki|samukufururashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|奈良|福井|地名|叙景

校異

->寒【西(右書)】【元】【類】【紀】【細】

寛永版本

やたののの[寛],
あさぢいろづく,[寛]あさちいろつく,
あらちやま[寛],
みねのあわゆき,[寛]みねのあはゆき,
さむくふるらし[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました