万葉集2098番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2098番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2098番について

歌番号

2098番

原文

奥山尓|住云男鹿之|初夜不去|妻問芽子乃|散久惜裳

訓読

奥山に棲むといふ鹿の夕さらず妻どふ萩の散らまく惜しも

かな読み

おくやまに|すむといふしかの|よひさらず|つまどふはぎの|ちらまくをしも

カタカナ読み

オクヤマニ|スムトイフシカノ|ヨヒサラズ|ツマドフハギノ|チラマクヲシモ

ローマ字読み|大文字

OKUYAMANI|SUMUTOIFUSHIKANO|YOHISARAZU|TSUMADOFUHAGINO|CHIRAMAKUOSHIMO

ローマ字読み|小文字

okuyamani|sumutoifushikano|yohisarazu|tsumadofuhagino|chiramakuoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|植物

校異

特に無し

寛永版本

おくやまに[寛],
すむといふしかの,[寛]すむてふしかの,
よひさらず,[寛]よひさらす,
つまどふはぎの,[寛]つまとふはきの,
ちらまくをしも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました