万葉集2322番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2322番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2322番について

歌番号

2322番

原文

甚多毛|不零雪故|言多毛|天三空者|<陰>相管

訓読

はなはだも降らぬ雪ゆゑこちたくも天つみ空は雲らひにつつ

かな読み

はなはだも|ふらぬゆきゆゑ|こちたくも|あまつみそらは|くもらひにつつ

カタカナ読み

ハナハダモ|フラヌユキユヱ|コチタクモ|アマツミソラハ|クモラヒニツツ

ローマ字読み|大文字

HANAHADAMO|FURANUYUKIYUE|KOCHITAKUMO|AMATSUMISORAHA|KUMORAHINITSUTSU

ローマ字読み|小文字

hanahadamo|furanuyukiyue|kochitakumo|amatsumisoraha|kumorahinitsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|叙景

校異

隠->陰【元】【類】【紀】

寛永版本

はなはだも,[寛]はなはたも,
ふらぬゆきゆゑ,[寛]あらぬゆきゆゑ
こちたくも[寛],
あまつみそらは,[寛]あまのみそらは,
くもらひにつつ,[寛]くもりあひつつ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました