万葉集2086番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2086番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2086番について

歌番号

2086番

原文

牽牛之|嬬喚舟之|引<綱>乃|将絶跡君乎|吾<之>念勿國

訓読

彦星の妻呼ぶ舟の引き綱の絶えむと君を我が思はなくに

かな読み

ひこほしの|つまよぶふねの|ひきづなの|たえむときみを|わがおもはなくに

カタカナ読み

ヒコホシノ|ツマヨブフネノ|ヒキヅナノ|タエムトキミヲ|ワガオモハナクニ

ローマ字読み|大文字

HIKOHOSHINO|TSUMAYOBUFUNENO|HIKIZUNANO|TAEMUTOKIMIO|WAGAOMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

hikohoshino|tsumayobufuneno|hikizunano|taemutokimio|wagaomohanakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

綱【西(上書訂正)】【元】【類】【紀】|久->之【万葉考】

寛永版本

ひこほしの[寛],
つまよぶふねの,[寛]つまよふふねの,
ひきづなの,[寛]ひくつなの,
たえむときみを[寛],
わがおもはなくに,[寛]わかおもはなくに,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました