万葉集2315番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2315番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2315番について

歌番号

2315番

原文

足引|山道不知|白<牫><牱>|枝母等乎々尓|雪落者|[或云|枝毛多和々々]

訓読

あしひきの山道も知らず白橿の枝もとををに雪の降れれば|[或云|枝もたわたわ]

かな読み

あしひきの|やまぢもしらず|しらかしの|えだもとををに|ゆきのふれれば|[えだもたわたわ]

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマヂモシラズ|シラカシノ|エダモトヲヲニ|ユキノフレレバ|[エダモタワタワ]

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAJIMOSHIRAZU|SHIRAKASHINO|EDAMOTOONI|YUKINOFUREREBA|[EDAMOTAWATAWA]

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamajimoshirazu|shirakashino|edamotooni|yukinofurereba|[edamotawatawa]

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出也|但<件>一首|[或本云三方沙弥作]

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|非略体|叙景

校異

歌【西】謌|杜->牫【万葉集略解】|材【西(右書)】->牱【万葉集略解】|->件【元】【紀】

寛永版本

あしひきの[寛],
やまぢもしらず,[寛]やまちもしらす,
しらかしの[寛],
えだもとををに,[寛]えたもとををに,
ゆきのふれれば,[寛]ゆきのふれれは,
[えだもたわたわ],[寛]えたもたわたわ,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました