万葉集2218番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2218番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2218番について

歌番号

2218番

原文

一年|二遍不行|秋山乎|情尓不飽|過之鶴鴨

訓読

一年にふたたび行かぬ秋山を心に飽かず過ぐしつるかも

かな読み

ひととせに|ふたたびゆかぬ|あきやまを|こころにあかず|すぐしつるかも

カタカナ読み

ヒトトセニ|フタタビユカヌ|アキヤマヲ|ココロニアカズ|スグシツルカモ

ローマ字読み|大文字

HITOTOSENI|FUTATABIYUKANU|AKIYAMAO|KOKORONIAKAZU|SUGUSHITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

hitotoseni|futatabiyukanu|akiyamao|kokoroniakazu|sugushitsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|季節

校異

特に無し

寛永版本

ひととせに[寛],
ふたたびゆかぬ,[寛]ふたたひゆかぬ,
あきやまを[寛],
こころにあかず,[寛]こころにあかす,
すぐしつるかも,[寛]すこしつるかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました