万葉集2275番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2275番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2275番について

歌番号

2275番

原文

言出而|云<者>忌染|朝皃乃|穂庭開不出|戀為鴨

訓読

言に出でて云はばゆゆしみ朝顔の穂には咲き出ぬ恋もするかも

かな読み

ことにいでて|いはばゆゆしみ|あさがほの|ほにはさきでぬ|こひもするかも

カタカナ読み

コトニイデテ|イハバユユシミ|アサガホノ|ホニハサキデヌ|コヒモスルカモ

ローマ字読み|大文字

KOTONIIDETE|IHABAYUYUSHIMI|ASAGAHONO|HONIHASAKIDENU|KOHIMOSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

kotoniidete|ihabayuyushimi|asagahono|honihasakidenu|kohimosurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|恋情|秘密

校異

->者【元】【類】【紀】

寛永版本

ことにいでて,[寛]ことにいてて,
いはばゆゆしみ,[寛]いははいみしみ,
あさがほの,[寛]あさかほの,
ほにはさきでぬ,[寛]ほにはさきいてす,
こひもするかも,[寛]こひをするかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました