万葉集2030番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2030番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2030番について

歌番号

2030番

原文

秋去者|<川>霧|天川|河向居而|戀夜多

訓読

秋されば川霧立てる天の川川に向き居て恋ふる夜ぞ多き

かな読み

あきされば|かはぎりたてる|あまのがは|かはにむきゐて|こふるよぞおほき

カタカナ読み

アキサレバ|カハギリタテル|アマノガハ|カハニムキヰテ|コフルヨゾオホキ

ローマ字読み|大文字

AKISAREBA|KAHAGIRITATERU|AMANOGAHA|KAHANIMUKIITE|KOFURUYOZOHOKI

ローマ字読み|小文字

akisareba|kahagiritateru|amanogaha|kahanimukiite|kofuruyozohoki

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

河->川【元】【類】|霧【温】(塙)霧立

寛永版本

あきされば,[寛]あきされは,
かはぎりたてる,[寛]かはきりたちて,
あまのがは,[寛]あまのかは,
かはにむきゐて,[寛]かはにむかひて,
こふるよぞおほき,[寛]こふるよそおほき,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました