万葉集2065番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2065番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2065番について

歌番号

2065番

原文

足玉母|手珠毛由良尓|織旗乎|公之御衣尓|縫将堪可聞

訓読

足玉も手玉もゆらに織る服を君が御衣に縫ひもあへむかも

かな読み

あしだまも|ただまもゆらに|おるはたを|きみがみけしに|ぬひもあへむかも

カタカナ読み

アシダマモ|タダマモユラニ|オルハタヲ|キミガミケシニ|ヌヒモアヘムカモ

ローマ字読み|大文字

ASHIDAMAMO|TADAMAMOYURANI|ORUHATAO|KIMIGAMIKESHINI|NUHIMOAHEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

ashidamamo|tadamamoyurani|oruhatao|kimigamikeshini|nuhimoahemukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あしだまも,[寛]あしたまも,
ただまもゆらに,[寛]てたまもゆらに,
おるはたを,[寛]をるはたを,
きみがみけしに,[寛]きみかみけしに,
ぬひもあへむかも,[寛]ぬひあへむかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました