万葉集2297番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2297番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2297番について

歌番号

2297番

原文

黄葉之|過不勝兒乎|人妻跡|見乍哉将有|戀敷物乎

訓読

黄葉の過ぎかてぬ子を人妻と見つつやあらむ恋しきものを

かな読み

もみちばの|すぎかてぬこを|ひとづまと|みつつやあらむ|こほしきものを

カタカナ読み

モミチバノ|スギカテヌコヲ|ヒトヅマト|ミツツヤアラム|コホシキモノヲ

ローマ字読み|大文字

MOMICHIBANO|SUGIKATENUKO|HITOZUMATO|MITSUTSUYAARAMU|KOHOSHIKIMONO

ローマ字読み|小文字

momichibano|sugikatenuko|hitozumato|mitsutsuyaaramu|kohoshikimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|恋情|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

もみちばの,[寛]もみちはの,
すぎかてぬこを,[寛]すきかてぬこを,
ひとづまと,[寛]ひとつまと,
みつつやあらむ[寛],
こほしきものを,[寛]こひしきものを,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました