万葉集2002番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2002番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2002番について

歌番号

2002番

原文

八千<戈>|神自御世|乏攦|人知尓来|告思者

訓読

八千桙の神の御代よりともし妻人知りにけり継ぎてし思へば

かな読み

やちほこの|かみのみよより|ともしづま|ひとしりにけり|つぎてしおもへば

カタカナ読み

ヤチホコノ|カミノミヨヨリ|トモシヅマ|ヒトシリニケリ|ツギテシオモヘバ

ローマ字読み|大文字

YACHIHOKONO|KAMINOMIYOYORI|TOMOSHIZUMA|HITOSHIRINIKERI|TSUGITESHIOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

yachihokono|kaminomiyoyori|tomoshizuma|hitoshirinikeri|tsugiteshiomoheba

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

才->戈【元】【類】【紀】

寛永版本

やちほこの[寛],
かみのみよより[寛],
ともしづま,[寛]ともしつま,
ひとしりにけり[寛],
つぎてしおもへば,[寛]つきてしおもへは,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました