万葉集2093番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2093番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2093番について

歌番号

2093番

原文

妹尓相|時片待跡|久方乃|天之漢原尓|月叙經来

訓読

妹に逢ふ時片待つとひさかたの天の川原に月ぞ経にける

かな読み

いもにあふ|ときかたまつと|ひさかたの|あまのかはらに|つきぞへにける

カタカナ読み

イモニアフ|トキカタマツト|ヒサカタノ|アマノカハラニ|ツキゾヘニケル

ローマ字読み|大文字

IMONIAFU|TOKIKATAMATSUTO|HISAKATANO|AMANOKAHARANI|TSUKIZOHENIKERU

ローマ字読み|小文字

imoniafu|tokikatamatsuto|hisakatano|amanokaharani|tsukizohenikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いもにあふ[寛],
ときかたまつと[寛],
ひさかたの[寛],
あまのかはらに[寛],
つきぞへにける,[寛]つきそへにける,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました