万葉集1854番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1854番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1854番について

歌番号

1854番

原文

鴬之|木傳梅乃|移者|櫻花之|時片設奴

訓読

鴬の木伝ふ梅のうつろへば桜の花の時かたまけぬ

かな読み

うぐひすの|こづたふうめの|うつろへば|さくらのはなの|ときかたまけぬ

カタカナ読み

ウグヒスノ|コヅタフウメノ|ウツロヘバ|サクラノハナノ|トキカタマケヌ

ローマ字読み|大文字

UGUHISUNO|KOZUTAFUMENO|UTSUROHEBA|SAKURANOHANANO|TOKIKATAMAKENU

ローマ字読み|小文字

uguhisuno|kozutafumeno|utsuroheba|sakuranohanano|tokikatamakenu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|動物|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

うぐひすの,[寛]うくひすの,
こづたふうめの,[寛]こつたふうめの,
うつろへば,[寛]うつろへは,
さくらのはなの[寛],
ときかたまけぬ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました