万葉集2292番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2292番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2292番について

歌番号

2292番

原文

蜒野之|尾花苅副|秋芽子之|花乎葺核|君之借廬

訓読

秋津野の尾花刈り添へ秋萩の花を葺かさね君が仮廬に

かな読み

あきづのの|をばなかりそへ|あきはぎの|はなをふかさね|きみがかりほに

カタカナ読み

アキヅノノ|ヲバナカリソヘ|アキハギノ|ハナヲフカサネ|キミガカリホニ

ローマ字読み|大文字

AKIZUNONO|OBANAKARISOHE|AKIHAGINO|HANAOFUKASANE|KIMIGAKARIHONI

ローマ字読み|小文字

akizunono|obanakarisohe|akihagino|hanaofukasane|kimigakarihoni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|吉野|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

あきづのの,[寛]あきつのの,
をばなかりそへ,[寛]をはなかりそへ,
あきはぎの,[寛]あきはきの,
はなをふかさね,[寛]はなをふきさね,
きみがかりほに,[寛]きみかかりいほ

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました