万葉集1873番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1873番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1873番について

歌番号

1873番

原文

何時鴨|此夜乃将明|鴬之|木傳落|<梅>花将見

訓読

いつしかもこの夜の明けむ鴬の木伝ひ散らす梅の花見む

かな読み

いつしかも|このよのあけむ|うぐひすの|こづたひちらす|うめのはなみむ

カタカナ読み

イツシカモ|コノヨノアケム|ウグヒスノ|コヅタヒチラス|ウメノハナミム

ローマ字読み|大文字

ITSUSHIKAMO|KONOYONOAKEMU|UGUHISUNO|KOZUTAHICHIRASU|UMENOHANAMIMU

ローマ字読み|小文字

itsushikamo|konoyonoakemu|uguhisuno|kozutahichirasu|umenohanamimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|動物|植物

校異

->梅【西(右書)】【類】【紀】【矢】

寛永版本

いつしかも[寛],
このよのあけむ[寛],
うぐひすの,[寛]うくひすの,
こづたひちらす,[寛]こつたひちらす,
うめのはなみむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました