万葉集2022番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2022番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2022番について

歌番号

2022番

原文

相見久|猒雖不足|稲目|明去来理|舟出為牟攦

訓読

相見らく飽き足らねどもいなのめの明けさりにけり舟出せむ妻

かな読み

あひみらく|あきだらねども|いなのめの|あけさりにけり|ふなでせむつま

カタカナ読み

アヒミラク|アキダラネドモ|イナノメノ|アケサリニケリ|フナデセムツマ

ローマ字読み|大文字

AHIMIRAKU|AKIDARANEDOMO|INANOMENO|AKESARINIKERI|FUNADESEMUTSUMA

ローマ字読み|小文字

ahimiraku|akidaranedomo|inanomeno|akesarinikeri|funadesemutsuma

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あひみらく,[寛]あひみまく,
あきだらねども,[寛]あきたらねとも,
いなのめの[寛],
あけさりにけり,[寛]あけゆきにけり,
ふなでせむつま,[寛]ふなてせむいも,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました