万葉集2276番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2276番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2276番について

歌番号

2276番

原文

鴈鳴之|始音聞而|開出有|屋前之秋芽子|見来吾世古

訓読

雁がねの初声聞きて咲き出たる宿の秋萩見に来我が背子

かな読み

かりがねの|はつこゑききて|さきでたる|やどのあきはぎ|みにこわがせこ

カタカナ読み

カリガネノ|ハツコヱキキテ|サキデタル|ヤドノアキハギ|ミニコワガセコ

ローマ字読み|大文字

KARIGANENO|HATSUKOEKIKITE|SAKIDETARU|YADONOAKIHAGI|MINIKOWAGASEKO

ローマ字読み|小文字

kariganeno|hatsukoekikite|sakidetaru|yadonoakihagi|minikowagaseko

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|動物|植物|勧誘

校異

特に無し

寛永版本

かりがねの,[寛]かりかねの,
はつこゑききて[寛],
さきでたる,[寛]さきてたる,
やどのあきはぎ,[寛]やとのあきはき,
みにこわがせこ,[寛]みにこわかせこ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました