万葉集2285番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2285番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2285番について

歌番号

2285番

原文

秋芽子之|花野乃為酢寸|穂庭不出|吾戀度|隠嬬波母

訓読

秋萩の花野のすすき穂には出でず我が恋ひわたる隠り妻はも

かな読み

あきはぎの|はなののすすき|ほにはいでず|あがこひわたる|こもりづまはも

カタカナ読み

アキハギノ|ハナノノススキ|ホニハイデズ|アガコヒワタル|コモリヅマハモ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGINO|HANANONOSUSUKI|HONIHAIDEZU|AGAKOHIWATARU|KOMORIZUMAHAMO

ローマ字読み|小文字

akihagino|hananonosusuki|honihaidezu|agakohiwataru|komorizumahamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|恋情|秘密

校異

特に無し

寛永版本

あきはぎの,[寛]あきはきの,
はなののすすき[寛],
ほにはいでず,[寛]ほにはいてす,
あがこひわたる,[寛]わかこひわたる,
こもりづまはも,[寛]こもりつまはも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました