万葉集2262番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2262番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2262番について

歌番号

2262番

原文

秋芽子乎|令落長雨之|零比者|一起居而|戀夜曽大寸

訓読

秋萩を散らす長雨の降るころはひとり起き居て恋ふる夜ぞ多き

かな読み

あきはぎを|ちらすながめの|ふるころは|ひとりおきゐて|こふるよぞおほき

カタカナ読み

アキハギヲ|チラスナガメノ|フルコロハ|ヒトリオキヰテ|コフルヨゾオホキ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGIO|CHIRASUNAGAMENO|FURUKOROHA|HITORIOKIITE|KOFURUYOZOHOKI

ローマ字読み|小文字

akihagio|chirasunagameno|furukoroha|hitoriokiite|kofuruyozohoki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あきはぎを,[寛]あきはきを,
ちらすながめの,[寛]ちらすなかめの,
ふるころは[寛],
ひとりおきゐて[寛],
こふるよぞおほき,[寛]こふるよそおほき,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました