万葉集2191番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2191番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2191番について

歌番号

2191番

原文

鴈之鳴乎|聞鶴奈倍尓|高松之|野上<乃>草曽|色付尓家留

訓読

雁が音を聞きつるなへに高松の野の上の草ぞ色づきにける

かな読み

かりがねを|ききつるなへに|たかまつの|ののうへのくさぞ|いろづきにける

カタカナ読み

カリガネヲ|キキツルナヘニ|タカマツノ|ノノウヘノクサゾ|イロヅキニケル

ローマ字読み|大文字

KARIGANEO|KIKITSURUNAHENI|TAKAMATSUNO|NONOHENOKUSAZO|IROZUKINIKERU

ローマ字読み|小文字

kariganeo|kikitsurunaheni|takamatsuno|nonohenokusazo|irozukinikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良|高円|地名|動物|植物|季節|属目

校異

之->乃【元】【類】【紀】【温】

寛永版本

かりがねを,[寛]かりかねを,
ききつるなへに[寛],
たかまつの,[寛]たかまとの,
ののうへのくさぞ,[寛]ののうへのくさそ,
いろづきにける,[寛]いろつきにける,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました