万葉集1826番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1826番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1826番について

歌番号

1826番

原文

春之<在>者|妻乎求等|鴬之|木末乎傳|鳴乍本名

訓読

春されば妻を求むと鴬の木末を伝ひ鳴きつつもとな

かな読み

はるされば|つまをもとむと|うぐひすの|こぬれをつたひ|なきつつもとな

カタカナ読み

ハルサレバ|ツマヲモトムト|ウグヒスノ|コヌレヲツタヒ|ナキツツモトナ

ローマ字読み|大文字

HARUSAREBA|TSUMAOMOTOMUTO|UGUHISUNO|KONUREOTSUTAHI|NAKITSUTSUMOTONA

ローマ字読み|小文字

harusareba|tsumaomotomuto|uguhisuno|konureotsutahi|nakitsutsumotona

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|季節|動物

校異

去->在【元】【類】【紀】

寛永版本

はるされば,[寛]はるされは,
つまをもとむと[寛],
うぐひすの,[寛]うくひすの,
こぬれをつたひ,[寛]こすゑをつたひ,
なきつつもとな[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました