万葉集1859番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1859番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1859番について

歌番号

1859番

原文

馬並而|高山<部>乎|白妙丹|令艶色有者|梅花鴨

訓読

馬並めて多賀の山辺を白栲ににほはしたるは梅の花かも

かな読み

うまなめて|たかのやまへを|しろたへに|にほはしたるは|うめのはなかも

カタカナ読み

ウマナメテ|タカノヤマヘヲ|シロタヘニ|ニホハシタルハ|ウメノハナカモ

ローマ字読み|大文字

UMANAMETE|TAKANOYAMAHEO|SHIROTAHENI|NIHOHASHITARUHA|UMENOHANAKAMO

ローマ字読み|小文字

umanamete|takanoyamaheo|shirotaheni|nihohashitaruha|umenohanakamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|京都府|地名|枕詞|植物|叙景

校異

->部【矢】【京】

寛永版本

うまなめて[寛],
たかのやまへを,[寛]たかきやまへを,
しろたへに[寛],
にほはしたるは[寛],
うめのはなかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました