万葉集2013番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2013番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2013番について

歌番号

2013番

原文

天漢|水陰草|金風|靡見者|時来之

訓読

天の川水蔭草の秋風に靡かふ見れば時は来にけり

かな読み

あまのがは|みづかげくさの|あきかぜに|なびかふみれば|ときはきにけり

カタカナ読み

アマノガハ|ミヅカゲクサノ|アキカゼニ|ナビカフミレバ|トキハキニケリ

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|MIZUKAGEKUSANO|AKIKAZENI|NABIKAFUMIREBA|TOKIHAKINIKERI

ローマ字読み|小文字

amanogaha|mizukagekusano|akikazeni|nabikafumireba|tokihakinikeri

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

之【元】【類】(塙)々

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
みづかげくさの,[寛]みつかけくさの,
あきかぜに,[寛]あきかせに,
なびかふみれば,[寛]なひくをみれは,
ときはきにけり,[寛]ときはきぬらし,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました