万葉集2075番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2075番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2075番について

歌番号

2075番

原文

人左倍也|見不継将有|牽牛之|嬬喚舟之|近附徃乎|[一云|見乍有良武]

訓読

人さへや見継がずあらむ彦星の妻呼ぶ舟の近づき行くを|[一云|見つつあるらむ]

かな読み

ひとさへや|みつがずあらむ|ひこほしの|つまよぶふねの|ちかづきゆくを|[みつつあるらむ]

カタカナ読み

ヒトサヘヤ|ミツガズアラム|ヒコホシノ|ツマヨブフネノ|チカヅキユクヲ|[ミツツアルラム]

ローマ字読み|大文字

HITOSAHEYA|MITSUGAZUARAMU|HIKOHOSHINO|TSUMAYOBUFUNENO|CHIKAZUKIYUKUO|[MITSUTSUARURAMU]

ローマ字読み|小文字

hitosaheya|mitsugazuaramu|hikohoshino|tsumayobufuneno|chikazukiyukuo|[mitsutsuaruramu]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

ひとさへや[寛],
みつがずあらむ,[寛]みつかすあらむ,
ひこほしの[寛],
つまよぶふねの,[寛]つまよふふねの,
ちかづきゆくを,[寛]ちかつきゆくを,
[みつつあるらむ][寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました