万葉集2245番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2245番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2245番について

歌番号

2245番

原文

剱後|玉纒田井尓|及何時可|妹乎不相見|家戀将居

訓読

太刀の後玉纒田居にいつまでか妹を相見ず家恋ひ居らむ

かな読み

たちのしり|たままきたゐに|いつまでか|いもをあひみず|いへこひをらむ

カタカナ読み

タチノシリ|タママキタヰニ|イツマデカ|イモヲアヒミズ|イヘコヒヲラム

ローマ字読み|大文字

TACHINOSHIRI|TAMAMAKITAINI|ITSUMADEKA|IMOAHIMIZU|IHEKOHIORAMU

ローマ字読み|小文字

tachinoshiri|tamamakitaini|itsumadeka|imoahimizu|ihekohioramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|地名|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たちのしり[寛],
たままきたゐに,[寛]たままくたゐに,
いつまでか,[寛]いつまてか,
いもをあひみず,[寛]いもをあひみす,
いへこひをらむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました