万葉集1983番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1983番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1983番について

歌番号

1983番

原文

人言者|夏野乃草之|繁友|妹与吾<師>|携宿者

訓読

人言は夏野の草の繁くとも妹と我れとし携はり寝ば

かな読み

ひとごとは|なつののくさの|しげくとも|いもとあれとし|たづさはりねば

カタカナ読み

ヒトゴトハ|ナツノノクサノ|シゲクトモ|イモトアレトシ|タヅサハリネバ

ローマ字読み|大文字

HITOGOTOHA|NATSUNONOKUSANO|SHIGEKUTOMO|IMOTOARETOSHI|TAZUSAHARINEBA

ローマ字読み|小文字

hitogotoha|natsunonokusano|shigekutomo|imotoaretoshi|tazusaharineba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏相聞|植物|恋情

校異

->師【元】【類】【紀】

寛永版本

ひとごとは,[寛]ひとことは,
なつののくさの[寛],
しげくとも,[寛]しけくとも,
いもとあれとし,[寛]いもとわれとし,
たづさはりねば,[寛]たつさわりねは,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました