万葉集1845番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1845番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1845番について

歌番号

1845番

原文

鴬之|春成良思|春日山|霞棚引|夜目見侶

訓読

鴬の春になるらし春日山霞たなびく夜目に見れども

かな読み

うぐひすの|はるになるらし|かすがやま|かすみたなびく|よめにみれども

カタカナ読み

ウグヒスノ|ハルニナルラシ|カスガヤマ|カスミタナビク|ヨメニミレドモ

ローマ字読み|大文字

UGUHISUNO|HARUNINARURASHI|KASUGAYAMA|KASUMITANABIKU|YOMENIMIREDOMO

ローマ字読み|小文字

uguhisuno|haruninarurashi|kasugayama|kasumitanabiku|yomenimiredomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|地名|動物|季節

校異

特に無し

寛永版本

うぐひすの,[寛]うくひすの,
はるになるらし[寛],
かすがやま,[寛]かすかやま,
かすみたなびく,[寛]かすみたなひく,
よめにみれども,[寛]よめにみれとも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました